1.破損箇所の見つけ方


破損箇所が見つからない場合は、中性洗剤を薄めた水や、石鹸水をボート表面に塗布すれば、破損箇所には気泡が出来、容易に空気漏れを発見することが出来ます。
 

2.補修箇所の洗浄


補修箇所をキレイに洗い、乾燥させて下さい。(油分が付着していると接着できません)
 

3.補修布の作成(補修布はリペアキットに入っています)


破損部の約5倍の大きさに補修布を切り取り、必ず四隅を丸く縁取りして下さい。
 

4.チョークで貼る面の目印を書く


接着する面に作成した補修布を乗せ、チョークで貼る面の縁取り線を書いて下さい。
 

5.貼り合わせる前に乾燥させる


作成した補修布と、チョークで縁取りしたボート側の両方に、薄く均一に接着剤を塗布して下さい。
(接着剤はリペアキットに入ってます。)
 

6.貼り合わせる前に乾燥させる


接着剤を塗布した後、補修布とボート側の両方を約5分間乾燥させて下さい。
 

7.接着剤の塗布と乾燥の繰り返し


5〜6の行程を3回繰り返して下さい。また、3回目の行程は約10〜15分の間、乾燥させて下さい。繰り返す事により、強い粘着性を得る事ができます。
 

8.貼り合わせ


最後に、補修布とボート破損箇所の貼り合わせを行って下さい。貼り合わせる際には空気が入らないようにし、ローラー等で中心から外に向けて強く押し、圧着させて下さい。

注意:補修後、補修した部分が完全に接着している事を確認後、ご使用下さい。
注意:接着後、24時間以内は空気を充気しないで下さい。
注意:湿度の高い環境(降雨時等)での接着は避けて下さい。



TOP |  ZEPHYR BOAT LINEUP |  OPTIONAL PARTS |  SHOP LIST |  LAW OF BOAT |  GUARANTEE SYSTEM |  EVENT GUIDE
ASSEMBLY & PUT AWAY |  REPAIR METHOD |  Q & A |  LINK |  CONTACT |  CORPORATION GUIDE

COPYRIGHT ZEPHYRBOAT CO,.LTD ALL RIGHTS RESERVED