ボート免許と、航行区域について

ボートの免許について


小型船舶操縦士は1級から2級までありエンジン付きゴムボートを運転するには
「2級小型船舶操縦士免許」以上が必要ですが、湖川で10馬力未満のエンジンを使用される方は
「2級(湖川小馬力限定)免許」でも運転できます。詳しくは下記までお問合せ下さい。

「日本船舶職員養成協会」
  住所:〒231-0811 神奈川県横浜市中区本牧ふ頭3
  TEL:045-628-1525
 

ボートの検査について


パワーボートにエンジンを付けて使用するには、船舶検査を受ける必要があります。

検査を受ける所・・・「日本小型船舶検査機構」
本部/東京都千代田区九段北4-1-3 飛栄九段北ビル5階 TEL:(03)3239-0821


全国各地に32ヶ所の支部、支所がありますので、検査を受ける場合はこの支部、支所に
「船舶検査申請書」を請求して下さい。
 

検査に必要な備品


●エンジン(タンク含む)
●ライフジャケット(定員分)
●アンカー
●アンカーロープ1本
●もやいロープ2本
●笛
●消火用バケツ(赤色)
●浮環
●時計
●信号紅炎
●エンジン工具一式
●黒球1個

定期検査を受けるときは浮環、エンジン、ライフジャケット、黒球、消火用バケツもJCI認定品の船検備品を使用して下さい。
船舶検査を受講し、「船舶検査書」「船舶検査手帳」「船舶検査済票」の交付を受け、航行時には船内に備えてください。
※「船舶検査済票」はプレート等に貼り付けて、外から見やすい位置に固定して下さい。
 

検査費用

法廷上の船の長さとは全長×0.9になります。
検査は6年毎に定期検査、その中間の3年に中間検査があります。

「定期検査」
  3m未満のボート・・・11,600円
  3m以上5m未満のボート・・・16,700円

「中間検査」
  3m未満のボート・・・5,100円
  3m以上5m未満のボート・・・8,200円
  (2014年12月 現在)
 

検査の対象外

(船舶免許が不要な条件)
2003年11月29日より次の条件に該当する船舶は、検査の対象外になりました。
1.船の長さが3メートル未満(全長×0.9)の小型船舶(帆船含む)でエンジンが
  1.5kw(2馬力)未満のもの。

2.以下のA.B.Cの項目を全て満たしているエンジン付き小型船舶(帆船含む)
  A.下記の水域だけを航行するもの
    ●湖、沼、池(ただし、面積が50hを超えるサロマ湖、支笏湖、猪苗代湖、霞ヶ浦、
    琵琶湖は対象外)
  B.旅客定員が3人以下のもの
  C.エンジンが船外機であって、その出力馬力が10馬力以下(船の長さが5メートル未満の場合は
   5馬力以下 のもの) 
 

航行区域


船舶検査に合格したボートは各艇毎に定められた航行区域内で使用できます。

●ゼファーボートの航行区域は以下の通りです。
1.全ての平水区域
2.次のA.Bのうちどちらかを選択する。
  A.母港(1ヶ所)、出航港(2ケ所)から5海里以内又は、3海里以内の海域
   (艇種により異なる場合があります。)
  B.任意の海岸から3海里以内の海域。(一部艇種を除く)
   車等で運搬出来る可搬艇は、安全に出航出来る任意の海岸より出航できます。
   この場合の航行区域は出航地点から3海里以内の海域になります。

船舶検査・船舶免許不要についての注意事項


長さ3m未満(全長×0.9)で総出力が1.5kw未満のエンジンを使用する場合は操縦免許・船舶検査は免除されますが、安全に航行して頂く為に、下記の事項をよく読み、ご理解下さい。

●船外機に付属している取扱説明書をお読みなり、ご理解の上ご使用下さい。

●航行する際に安全用品は必ず携帯してください。
 (救命胴衣、フットポンプ、オール、係留ロープ、携帯電話等)
●安全運転を心掛け、水上での交通ルールは守って下さい。
●船外機使用時には、燃料切れに備えて、予備のガソリンを満たして携行缶を搭載して下さい。

*2馬力エンジンとエレキモーターを同時搭載した場合は総出力が1.5kw以上となる為、
 操縦免許・船舶検査は免除されません



TOP |  ZEPHYR BOAT LINEUP |  OPTIONAL PARTS |  SHOP LIST |  LAW OF BOAT |  GUARANTEE SYSTEM |  EVENT GUIDE
ASSEMBLY & PUT AWAY |  REPAIR METHOD |  Q & A |  LINK |  CONTACT |  CORPORATION GUIDE

COPYRIGHT ZEPHYRBOAT CO,.LTD ALL RIGHTS RESERVED